テープ・ビデオのダビング方法解説【自力か業者か】

副業の時間を捻出するために自宅のものを捨てに捨て
整理するに整理した過程でミニマリスト気質が骨の髄まで染み込んでしまいました。笑

そんな私が実家に帰ると整理するところ、捨てるものがたくさんあってムズムズしてしょうがありません。

てちこ

ゴミ袋を持ってこい!!!

と戦国武将のようなテンションで雄たけびをあげます。

実家内を嬉々として整理していくとミニマリストの強敵【思い出の品】が現れます。

今回の記事では、その思い出の品の一つであるテープビデオの攻略方法を記事にします。

先に簡潔にまとめると

  • たくさんある場合はダビングできる機械を買う。
  • 少しの場合は業者に頼む。

です。両方経験があるので体験談ですね。

てちこ

それでは、見ていきましょーー!!!

目次

ダビングできる機械を買う(GV-SDREC)

実家には大量のテープがありました。
ちゃんと数えていませんが200本くらいあったかな。

そのままにしておくとテープがどんどん劣化して、映像が悪くなったり見れなくなってしまいます。

それになんといっても場所をとる

本数が多い場合、業者に頼むととんでもなく高額になってしまうため、ダビング用の機械を買うことにしました。

テープを全てダビングし終わったら、フリマアプリでダビング用の機械を売ればいいため値段はあまり見ませんでした。

考慮したことは一点。

機械が苦手な親でも扱えるか

です。

そこで購入したのはコレ。

【テレビ】ー【この機械】ー【外付けHDDやSDカードの記録媒体】

とつないで、テープを再生するだけでドンドン保存できます。
カンタンです。

テープを再生できなければ、保存できないのでビデオデッキがなければビデオデッキも調達しなければなりません。

ビデオデッキは生産終了しているものが多いので中古を探すことになります。

この機械の欠点は、【ダビング=再生時間】という点です。

1時間ダビングするには1時間かかります。笑

なので、親に過去を楽しく振り返ってもらいながらダビングしてもらうしかありません。笑

わたしは時間が無くて手伝えません!笑

業者に頼む(ダビングコピー革命)

家でダビングする機械を買う数か月前、こんなエピソードがありました。

職場の先輩

ねぇねぇ、うちにあるいらないビデオカメラをメルカリで売ってよ。

てちこ

いいですよ。ありゃ、テープも入ってますよ?いいんですか?

職場の先輩

めんどくさいから一緒に売っていいよ。

ということでビデオカメラとテープ数本を家に持って帰ってきました。

動作確認で充電してテープを再生してみたのですが、内容が素敵すぎる・・・

小さい子供を高い高いしたり、ぎゅーってしたりしていました。

てちこ

こんなの売れるかい!!!!!!

職場の先輩にスマホで映像を数秒撮って送り、
こんないい映像です。私が業者に頼んでDVDにしますよ!
と打診しました。

そしたら、確かにいい映像ですね。お願いします。
という回答。
思い出が救われた・・・!!!

ネットで頼めるダビング会社を数社比較して決めたのがダビングコピー革命さんです。

安さと、トラブルへの対応の良さからの選択です。

上司から預かった大切なテープですから、適当なところにお願いするわけにはいきません。笑

ダビングできるテープの種類も下記画像のように豊富です。

ダビング先はMP4か、DVDか選べます。
わたしはDVDにしたのですが、タイトル画面でチャプターごとに分かれていて見やすくなっていました。

見積もりの入力フォームをポチポチと進んでいくとすぐにメールが届きました。

Hi8を3本頼んで送料込みで、税込み2,636円
たくさんある場合はダビング用機械を買った方が割安ですが、少ない場合は手間も考えると業者一択ですね。

テープを郵送した後も

  • 商品到着の案内
  • 作業完了の案内
  • 入金確認完了の案内

と都度メールを送ってくれるため安心です。

家では、テープ切れなどのトラブルに対応できないため、これからも大切なテープは自分でやらずに業者に頼もうと思っています。

下にダビングコピー革命さんのリンクを貼っておきます。
サイトがとっても見やすいですよ。

【ダビングコピー革命】

まとめ

いつかやろう・・・
と後回しにすると、いつまでも心にタスクが残って精神衛生上良くありません!笑

しかも、テープは劣化してしまうため後回しにすることによる物理的なデメリットもあります。

みなさんの実家にもテープやビデオないですか?

これを機に、やっつけちゃいましょう!!笑

捨てるか、データにして残すかの2択です。あなたはどっち!!笑

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

わたし、Twitterやってるよ!
  • URL Copied!
目次
閉じる