マナブ氏が勧める「沈黙のwebライティング」は読んだ方がいい!?

ブログといえば!でおなじみのマナブさんが発信するコンテンツは見たことあるでしょうか。

  • YOUTUBE
  • ブログ
  • voicy

と様々なプラットフォームで、在宅でお金を稼ぐために必要な知識を発信してくれています。

わたしも、副業やブログをつくる過程で勉強させてもらい、少なくとも月5万円以上は稼げるようになっています。

そんなマナブさんが

マナブ

ライティングやSEOの知識は、とりあえず沈黙のwebライティングを読めばOK!

と言っていたので素直に【沈黙のwebライティング】を読んでみました。

感想は、

  • めちゃめちゃ読みやすい
  • 小手先のテクニックではなく、元となる考え方を学べる

です。

てちこ

それでは解説していきます!!!

目次

LINEのトーク画面のような構成

本編はLINEのトーク画面のような構成で、たまにマンガ風の挿絵が入りとても読みやすいです。

てちこ

普通の本より文字少ないよ!!

1章に1回ヴェロニカ先生の特別講義というパートがあり、
普通の本のような文字とでの解説があります。
ここは読みごたえあります。

解説に疲れてきたところでまた、読みやすいLINEのトーク風の本編に戻るので、本当にストレスなく読めます。

読みやすい→ちょっと疲れる→読みやすい→ちょっと疲れる
のサンドイッチの構成です。笑

ストーリーがあり、小説のような感覚で読み進められる

大筋では、
予約が減っている旅館が、webでの集客を頑張り経営を立て直していく。
という物語なのですが

  • 旅館の若女将が、大企業の金持ちに一目惚れされて旅館をつぶされそうになったり
  • 大事な秘密が隠されたチップを探したり

激しめの演出がところどころにあります。笑

学習系の本が苦手な人でも、ストーリーに意識を集中させれば飽きることはないです。笑

目標の設定と、達成するまでの考え方を学ぶ

主人公から助言を受けながら

  1. なんとなく、自分の旅館の紹介記事を書く
  2. SEOを意識し、自分の地域の旅館のまとめ記事を書く
  3. 自分の旅館の特徴を考え、他の旅館の良さも伝えながら差別化を図っていく

と段階的に記事のレベルがあがっていきます。

ライティングの内容うんぬんよりも、マーケティングの考え方で学ぶところも多いです。

小手先の文章構成よりもどう読者の役に立つかをしっかり考えることが、結局SEO的にも良いということを教えてくれます。

主人公は自分の旅館のサイトに記事を書いていきます。

自分も記事書いてみたいなー。という方は下記の
ライティングの始め方についての記事
ライティングの種類についての記事
を読んでみてください。

まとめ

とても読みやすく、勉強になることが多い良書でした。

ただ文章構成などライティングの理論が学べる本ではないので、そちらを期待する方は別の本の方が良さそうです。

マンガ風の挿絵が多いですが、電子書籍だと読みにくいということはありません。

いつでも読める電子でも、読み終わったらフリマアプリで売れる紙でもどちらもオススメです。
この本は人気でリセールバリューがいいので、売ればほぼ無料で読めます!

マーケティングやライティングはどの分野でも大切な知識だと思うので、是非読んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

わたし、Twitterやってるよ!
  • URL Copied!
目次
閉じる