【LINE着せ替え】よくリジェクトされるところを解説!

LINE着せ替えをつくると、

ここを直してくださーい!!

とLINEさんからデータの差し戻しを受けます。

このことを【リジェクト】といいます。

リジェクトって響きが無駄にかっこいいですよね。

ですが、良いことではないです。
直さなきゃいけないのでめんどくさいんです。

LINE着せ替えをつくる過程でたくさんリジェクトされたので、
同じようにされた人がデータを直す時に参考になるように

私が受けたリジェクトについて記事にします。

LINE着せ替えのデータの作り方自体の記事は、
下のリンクからどうぞ!

実際にLINEさん公式からメッセージの一部をスクショしたものを載せています。

てちこ

それでは、みていきましょー!!

目次

背景の透過はできませんので必ず非透過で制作してください。

サムネイル画像の背景は、透過にできないので、白なら白い色を置きましょう。

スプラッシュ画像(LINEを起動したときにでる画像)
の背景色を作っている場合、
まったく同じ色の背景にしましょう。

メニュー背景画像は、両端の絵柄がリピートするように調整してください。

メニューの背景画像を、芝生や波にしたくて、

ランダムなギザギザやなみなみにすると、

メニュー背景画像の両端がピタッと合わなくなり、
リジェクトされてしまいます。

両端をピタッと合わせましょう。

イラスト部分の高さは~~
の部分のメッセージについては、下の見出しで取り上げます。

a_11 i_11のイラスト部分の高さや透過について

メニュー背景画像は、
iPhone用とandroid用で、透過できるか、できるとしたらどの部分か
が違います。

私はめんどくさいので、
iPhone用、android用、両方とも透過部分はつくりません。

上の画像の山の上の灰色のようなところは、

いったん灰色とかの色を置いておいて

カラースキンの色が決まり次第、

スクショした画像から色を抽出して、灰色のところと差し替えて

透過のように見せかけます。笑

そうすると、イラスト部分の高さとか

iPhone用、android用とか気にしなくて良くなるし、
リジェクトされる可能性も減ります。

初めからルール通りにつくるのと
カラースキンの色をスクショして抽出してのせるのと

みなさんはどちらがめんどくさいですか?笑

メイン画像は「スプラッシュ画像(背景[a_23]、ロゴ+イラスト[a_24])」を各サイズに縮小して制作してください。

メイン画像はスプラッシュ画像とまったく同じデザインでなくてはいけません。

そしてスプラッシュ画像は

イラストやロゴの部分
背景部分

の2つに分かれているため、
ちょっと分かりにくくなっちゃうんですね。

難しく考えずに、
ふたつに分かれているスプラッシュ画像を
メイン画像のところでひとつにするだけです。

透過がダメなところで透過させちゃう

これは、私がうっかりしているだけなんですが、

上の画像のように、パーッと長方形をつくると
ピタッとあってなくて、それに気づかない時があるんです。笑

LINEさんが

そこ透過できませんよ!

っていってきて

てちこ

透過してへんがな!!

と思って、よく見てみると
画像みたいになっちゃってる。笑

何回かあったので、もうアートボードより大きく四角をつくってます。笑

まとめ

どうですか?

自分も同じ理由でリジェクトされたよ!

というのはありましたか?

ここが違うよ。って具体的に教えてくれるので直しやすいですよね。
LINEさん優しい。

私がガイドラインをしっかり読まないせいで、
プロフィール画像の

・個人
・グループ

別のデザインにしなくちゃいけない。
などのルールは、リジェクトされて初めて知りました。

審査ガイドラインは下のリンクです。


私がリジェクトされながらつくったLINE着せ替えは、
下のリンクから是非みてみてくださいっ
変なものもありますが、お気になさらず!笑

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

わたし、Twitterやってるよ!
  • URL Copied!
目次
閉じる