デザインの基礎を楽しんで学べる「なるほどデザイン」レビュー

てちこ

副業でデザインを本気ではじめよう!

と、デザインの基礎に関する本を読み漁りました。

その中でもバツグンに分かりやすく、勉強になったのが今回紹介する「なるほどデザイン」です。

ビジュアルが圧倒的に多く文字は少なめ。

視覚的、直感的にデザインの基礎について教えてくれます。ページが華やかでめくるのが楽しい!!笑

大きく3つのチャプターに分かれて構成されているので、各チャプターごとにレビューします。

目次

編集について:伝える相手でデザインは変わる

「朝ごはんを紹介する雑誌のページ」について、
誰に伝えるかによって、どのようにデザインが変わるかを教えてくれます。

  • 男女問わず料理初心者に向けたもの
  • 料理に関心の高い女性
  • 生活にこだわりがある人

同じ素材なのに、それぞれ全く違うデザインになっています。

こういうデザインはダメ!!ということでなく、
相手によって正解は変わるんだなぁと思い知らされました。

実際に紙面が出来るまでの工程も1つずつ解説してくれています。

  1. 図解とラフ
  2. 方向性を決める
  3. 骨格をつくる
  4. キャラ立ちさせる
  5. 足し算と引き算
  6. ブラッシュアップ

初心者がデザインするにあたって、実際の作業工程を解説してくれるのはありがたいことですよね。

次のチャプターからは、それぞれの工程で武器になるような知識を学べます。

デザイナーの7つ道具:何を中心にデザインを組み立てるか

  • ダイジ度天秤:どっちがダイジ?を口癖にしよう
  • スポットライト:主役を狙って光を当てる。
  • 擬人化力:いいデザインていいキャラしてます。
  • 翻訳機:言葉と絵のバイリンガルになろう
  • 虫めがね:ふところに隠し持った最終兵器
  • :そのデザインを決めるもの

目次としてはこのようになっています。

チャプター1で実際の作業工程を学びましたが、デザインについて悩むところはまだ多いです。

そんな時に上記の7つ道具の考え方を使えば、
こういう理由でこういうデザインにしよう!
という方向性が決まります。

相変わらずビジュアルが多く大変分かりやすい。笑

デザインの素:文字・色・写真など

そして更に細かいところにフォーカスするのがチャプター3です。

文字や色、写真をどのような考えで選び、使うかが書いてあります。

1枚の写真でもどこを切り取って使うかで、印象がこんなにも変わるのかと驚きます。

また図やグラフについての解説もこの章にあり、あまりの見やすさにまた驚きます。

てちこ

デザインの力すごい!伝わり方が全然違う!!

まとめ

この本自体がとても分かりやすく、楽しいデザインなので内容に説得力があります。

何かデザインをする時に迷ったときには、パラパラと見返してヒントがもらえるとてもいい本です。

副題で「目で見て楽しむデザインの本」とありますが、偽りない!

良い本なので興味ある方是非読んでみてください。

ビジュアル多いですが、まとまりがいいので電子書籍でも特にストレスなく読めました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

わたし、Twitterやってるよ!
  • URL Copied!
目次
閉じる