【ブロガー向け】アイキャッチ画像のデザイン方法【実践編】

ブロガーの悩みで
アイキャッチのデザイン
を挙げる人は意外と多いみたいです!

このブログでは、一本目の投稿から記事のアイキャッチを自分で作っています。

初めは上手につくれませんでしたが、

デザインの本をたくさん読み、

アウトプットも重ねてきて、ブログを開設したての頃よりは、

納得のいくデザインで記事のアイキャッチを作れるようになってきたので

今の私のアイキャッチ作成の流れを
ブログのアイキャッチ作りで困っている方向けに、お伝えしたいと思います。

使用しているソフトはAdobe Illustratorですが、
今回の記事では広くアイキャッチの構想から、デザインが形になるまでの流れなので、

Illustratorを使用している人だけに向けた記事ではありません。

ブロガーみなさんの参考になれば嬉しいです。

てちこ

それではいきましょーーー!

目次

参考資料を見る

決まったテーマがある場合、

  • Google画像検索
  • Pinterest
  • デザイン系の書籍

などを使って、自分の記事と同じテーマの

  • チラシ
  • サイトのヘッダー画像
  • バナー

などのデザインをザザーッと見ます。

すると、配色やフォント、雰囲気に共通点が見つけられるはずです。

頭の中で、今回のアイキャッチはこんな雰囲気かなー
というざっくりとした方向性をイメージします。

You Tubeなどで、デザインの先輩方の話を聞くと
みなさんこの【事前の情報収集】に時間を結構割くようです。

良いデザインをたくさん見て、参考にできるところは参考にしましょう!

そのまま真似するということでは、もちろんありません。

無料素材を選ぶ

私のような貧乏人は

  • PIXTA
  • Adobe Stock
  • Shutterstock
  • iStock

のような有料イラスト/写真を使えません。笑

私は、主に
写真ならO-DAN

イラストならイラストAC

を使っています。

ビジネス系のブログの方は

undrawとかオススメです。
こういうフラットなデザイン流行ってますよね。

頭の中にあるだいたいのイメージを、
素材を見ながらはっきりさせていきます。

画像にもともとあるスペースに文字をいれる?

画像の上に白い四角をのせて、そこに文字を置く?

いろいろ妄想しながら、画像を選びます。

Photoshopも使える場合、色味を変えたり、いらない部分を消したりできデザインの幅が広がります。

実際にデザインする

選んだ無料素材に文字と、あしらいをデザインしていきます。

アイキャッチの意味は
・情報の整理
・興味をひく
の2点だと考えていて

まず情報の整理を達成するために、

ジャンルごとに、アイキャッチのデザインを統一する。

は有効だと思っています。

私のブログの場合、

・過去にやった仕事
・デザイン本レビュー
・ブログ運営報告

なんかは統一したデザインになっていて、

まずカテゴリーから飛んだ時に、

この内容群はこれくらい記事があるんだー

と見やすいし、
ひとつ記事を読み終わったあとに、
同じ系統のものを読みたい人が見つけやすいようにしています。

下はデザイン本のレビュー記事のアイキャッチです。
・カテゴリーがひとめで分かる
・推しの一言を添えている
というところを気を付けています。

真ん中のやぼったいアイキャッチは昔つくったものです。笑


下の画像は【お仕事関係】のカテゴリーです。
・色んなデザインのお仕事の【納品までの流れシリーズ】
・【ココナラ】に関連する記事
など、ぱっと見で分かるようになっています。

完璧に詰めれていないです。笑
もう数年かけて良くしていきます。笑

バラバラのアイキャッチのデザインだと、
同じ系統の記事が読みたい時に探しにくいですが、
統一されていると探しやすいのが分かりますよね。

次に興味をひくですが、
これからもっと頑張っていきたいところです。

前回つくったアイキャッチに載せた


の下の白い文字みたいなところですね。

クリックしてもらえる押しの1言
記事をアピールする1言、を書きたいです笑

せっかくのアイキャッチ、
うまく興味をひいてクリックしてもらいたいですもんね。笑


上記2点をおさえて、あとは楽しくデザインしましょうっ

私は選んだ素材を見ながら
手の届くところにに置いてある

あたらしい、あしらい。】



配色デザイン良質見本帳


をめくって、
記事タイトルやキャッチコピーをどう料理しようか考えます。

本に書いてある、あしらいや配色も何度か使っているうちに、
自分のものになっていって、
ちょっと変化させて使ったりということができるようになってきます。

嬉しいですね!

気を付けることとしては、

余計な情報を入れすぎない。

というところでしょうか。

記事の内容を説明するのは、あくまで記事。

アイキャッチは、アイをキャッチするのが役目ですからね。(ん?笑)

・長い記事のタイトルを全部入れる
・使う色の数が多い
・記事と関係ない画像やイラストを使う

などは良くないかもしれません。

てちこ

私のアイキャッチ作成までの流れは、ざっとこんな感じです!!!

まとめ

みなさんは、どんな流れでつくっていきますか?
気になります!笑

昔つくったアイキャッチを、今見ると恥ずかしいです!!笑
見ないでください!笑

作り直していきたいのですが、なかなか手が回りません。

成長の過程が見えるとポジティブに捉えることにします。笑


デザインの基本の原則を知るだけでも、
一皮むけたアイキャッチが作れます。

デザイン本一冊目に読むなら、

がオススメです。

私なんかでよければ、
アイキャッチの添削など無料でやりますので、
Twitterやお問い合わせから気軽にメッセージくださいね。

てちこ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

わたし、Twitterやってるよ!
  • URL Copied!
目次
閉じる