【伝わるデザインの基本】デザインの疑問を解決!

デザインの基本について書かれている本を数冊読んだので、デザインの本を選んでいる方向けに「伝わるデザインの基本」がどんな本かお伝えしたいと思います。

伝わるデザインの基本」は、他のデザイン入門書に比べると、内容が濃いです。

フォント選びレイアウトなど、全て論理的に説明されていて、なぜそういうデザインになるのかが納得できます。

  • なるほどデザイン
  • けっきょく、よはく

などのデザイン本のように、大部分を占めるビジュアルのおかげで直感的に分かりやすい!
という本ではないです。

では解説していきます。

目次

疑問に先回りして答えてくれる

基本について解説してくれるだけでなく、「それ知りたかった!」という内容まで書いてくれています。
例を挙げると

  • フリーフォントのダウンロードの方法
  • 日本語フォントと英字フォントの相性のいいもの
  • モノクロ印刷する時に気を付けることetc…

まだそこまで気にしていなかったけど、うっすら気になっていたことがすっきりしました。
気が利く!

具体的で実践的なことが書いてある

  • WordやPowerPointの設定方法
  • 配色を考える時に使える無料サービス
  • 画像に引き出し線をつける場合白い枠を付け見やすくする

などすぐにでも使えるようなことが具体的に載っています。

ビジュアルは少なめ

デザインの本はビジュアルが多くて華やかなものも多いですが、この「伝わるデザインの基本」では過度な装飾はありません。

過度な装飾がないというだけでビジュアルが少なすぎるというわけではありません。

最終章の実例紹介の項では、ポスターのデザインの修正例などを実際の画像で見ることができます。

直感的に理解するというよりは、文章を読んで論理的に理解するという本なので、デザインの根拠からしっかり勉強したい人向けということです。

デザイン入門書の3冊目くらいに読むのにちょうどいいかもしれません。笑

まとめ

実際にデザイン作業している人に寄り添ってくれる、頼れる先輩のような本だと感じました。

デザインの本では、電子書籍に向かないものも多いですが、「この伝わるデザインの基本」は電子書籍でも読みやすいです。

デザイン勉強している人にとって、一読の価値はあるので気になる方は是非読んでみて下さい!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

わたし、Twitterやってるよ!
  • URL Copied!
目次
閉じる