【ConoHaWING】 日本一分かりやすい登録手順解説

安国内最速のレンタルサーバー「ConoHaWING

WordPressかんたんセットアップ機能で、すぐWordPressを始められて
無料でSSL化でき、セキュリティもしっかりしていて
何より処理速度が、2位に2倍以上の差をつけて1位!!

と価格は安いのに、個人で使うにはオーバースペックともいえる処理速度のオススメのレンタルサーバーです。
ページの表示速度が速いというのはSEO的にも重要なので、気にしたいところですね。

web制作をする際に、お客さんがレンタルサーバーを決めていなかった場合
ConoHaWINGを勧めようと思うので、
この記事を読めば疑問なく登録完了できるよう、
登録画面に直接文字を入れて分かりやすく説明します。

登録画面を開き、入力しながらこの記事を読み進めてください。

まずはConoHaWINGのリンクを貼ります。

ConoHa WING

こちらからリンクを開き、登録していきましょう!!

目次

早速入力していきます。

上の画像の最後まで入力し、赤い四角のところをクリックすると、
アコーディオンになって隠れていた下の画像が出てきます。

補足:ドメインとは
ドメインとはインターネットでの住所のことです。
このブログの場合 https://techitoku.com
背景に色がついているところがドメインです。

「.com」のところだけを抜き出すとトップレベルドメインといいます。
他のサーバーでドメインを取得する時、
他のトップレベルドメインに比べて「.com」の方が料金が高いので
どうせ無料で使えるConoHaWINGでは.com使わせてもらおうー
という感じです。笑

ドメインをどんなものにしてもSEO的に何も関係ないため、
なんでもいいっちゃいいですが、覚えやすい方がいいかな。
ドメインは後から変更できません。

以上で申し込み完了です。
簡単でしたよね。

【お申込み】をクリックしたあとに出てきた

DBユーザー名
DBパスワード

は、使うことはありませんが、一応メモしておきましょう。
この画面以降確認することはできません。

ワードプレスにログインする時のパスワードとは別物です。
私も一度もつかったことありません。

登録したメールアドレスに、登録完了したよ!!とメールが来るのでメールの中のURLを忘れずにクリックしてください。

この画面のまま5~10分程待ちます。
出てきたコントロールパネルの画面を触ろうとしても
作業中は操作を行うことができません。しばらくお待ちください。
と表示されます。

てちこ

紅茶でも入れましょう。

ConoHa WING

ConoHaWINGの設定(SSL化する)

自分のサイトのURLが
http→https
ではじまるようになり、セキュリティが強くなります。

分かりやすい手順はココのリンクからどうぞ

【利用する】になっていれば、勝手にSSL化されます。
長くても30分位で完了するみたいです。
SSL化されたかどうかの確認は

1~4の順番でクリックしていき、赤い四角の中が上の画像のように【利用中】になっていれば
SSL化完了です。


おしまい!

お疲れ様でした。サーバー契約!なんて難しそうな響きですが
やってみれば大したことないですよね。

この記事でストレスなくConoHaWINGと契約できて、
自分のwebページを持ち、楽しめる人が増えることを祈っております。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

わたし、Twitterやってるよ!
  • URL Copied!
目次
閉じる