配色からデザインを制する!【配色デザイン良質見本帳】レビュー

わたしがデザインしていく中で【配色】は本当に頭を悩ませます。

先輩たちの作品を見て

てちこ

こんな素敵な配色思いつかないよー!!色の時点で勝利してるじゃん!!!

と頭を抱えていました。

ということでレビューもとても良かったので読んでみました。「配色デザイン良質見本帳」

えとえとこの本は、色についての理論に大部分のページを割いているのかな?

と思ったのですが、「見本帳」と書いてある通り「見本」がメインです。

配色についてこれからも末永く参考にできそうなので、
うちの本棚のレギュラー入り決定です。

それでは紹介していきます。

目次

配色の基本について

たくさんのページを割くのかな?
と思っていた「配色の基本」というパートはなんと11P~32Pまでしかありません。

ほとんどが実際の作品の配色解説に割かれています。

しかし解説について物足りないということは一切なく、とても詳しく書いてあります。

過去読んだデザインの基本の本にも色について書いてありますが、
当たり前ですが配色についてはこの本が一番詳しいです。

配色の理論的なところ、とても難しいです!
1度じゃ理解しきれないので、ゆっくり勉強していきたいと思います。

実際の作品を例にしての配色の解説

まず1つの作品を見ながら配色と各色の使用されている比率、色の使い方についての解説が書いてあります。

そして同じ配色での別の作例が3パターン載っています。

配色の与える雰囲気や、実際の使用例が見れるのでイメージが鬼わきます。

  • イメージから見つける配色
  • 色相・トーンから見つける配色

とカテゴリーが分かれていて

自然系の配色探してるんだよなー
とか
ジムのチラシ作るんだよなー
とか

必要な配色を探しやすいです。

前回紹介した本で「けっきょく、よはく。」というデザインの本がありますが、
この本にもコラムで、実戦で役立ちそうな配色が紹介されてます。と記事にしました。

ですが、この本にはカラーコードなど詳細についての記載はありません。

しかし、「デザイン配色良質見本帳」には

このように、ソフトで完全に再現できるようにCMYKカラー・RGBカラーそれぞれの数値を乗せてくれています。

てちこ

親切!!!

配色に悩んだ時のヒント

最後の項で、配色に悩んだ時のヒントを教えてくれています。

  • ロゴの色を使用して統一感を出す。
  • 配色に悩んだら、無彩色と金を活用する

など実用的なヒントです。

配色のことだけを知るためだけの本というより、デザイン全般についての本といえます。

無料の配色ツールとの併用

ネット上には、無料で様々な配色が見れるツールがたくさんあります。

私も今まで、この色を使いたいけど一緒に使ってなじむ色ってなんだろー。

と思った時などには

「配色 パターン ツール」

と検索して、無料の配色ツールを使っていました。

たくさんの配色パターンを見れるので、ネットのツールを使うのもいいのですが、
ネットのツールでは実際の作例が見れないんですよね。

なので、「配色デザイン良質見本帳」と無料ツールの併用がオススメです。

私はこれからそうします笑

まとめ

実際の作品が山ほど載っていて、それぞれの配色について解説してくれている「配色デザイン良質見本帳

配色はもちろんですが、デザインについての勉強にもなりました。

わたしの家では、読んだら売る本がほとんどですが「配色デザイン良質見本帳」は晴れて本棚入り決定です。笑

皆さんも是非一度読んでみて、本棚入りバトルに参戦させてあげてください。笑

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

わたし、Twitterやってるよ!
  • URL Copied!
目次
閉じる